パソコン関係

文字入力しやすいキーボードを選びましょう。

パソコンを使い始めた頃(20年位前)は「パソコン」自体に価値があって、入力うんぬんは二の次という状況でした。
もちろん、文字入力を早くしたいとか、ブラインドタッチが出来るようになりたいとか、無かったわけではありませんが、そんなに求めていなかったように記憶しています。

あれから時代は変わり、パソコンもあれこれ使ってきて、便利さを痛感しています。

パソコンがこんなに普及する前、手書きだったとは信じられない場面が多々ありますよね。

最近は仕事で文章を書く事も増えて、趣味でもブログを書いたりメールをしたりと文字を入力する機会もかなり増えました。

そうなると、パソコンに文字入力する接点である「キーボード」は大事なツールになってきますね。

 

1、キーボードの役割

私の場合はここ2~3年くらいで非常に文字入力の頻度が増えてきて、ある時は腱鞘炎になってしまった事もありました。

普段なにげにキーボードを打っていますが、気づかない程度の負担が指や手首にかかっていたのだと思います。

そう言われてみれば、当時使っていたキーボードは若干キーが重かったと気づきました。

しかし、キーの重さ(硬さ?)だけが、文字入力に影響するのではなく、キーの配置やキーの大きさ、押したときの感触などいくつもの要因が絡み合って、キーの打ちやすさに繋がっているのだと思います。

 

2、どんなきなキーボードが良いのか?

残念ながら、これは好みが大きく影響する部分なので、人それぞれなんですね。

すぐに白旗を上げてしまいましたが、これは好みの問題だと思います。

 

私の場合は、標準のキー配置(キーの間隔が狭くないもの)で、キーのストロークは2mm前後は欲しいと思っています。

 

3、自宅にあるキーボードを比べてみる

さて、私が持っているパソコンの中でどのキーボードが打ちやすいのか、比べてみました。

 

1)MacbookPro13インチ2020のキーボード

2019年末にはAPPLE社からMacbook Pro 16inch と 2020年になりMacbook Air 2020 と Macbook Pro 13inch が相次いで発売され、このすべてのキーボードがシザー式に変わったと、キーボードが変わってキーが打ちやすくなったとの報告が多数インターネット上に報告されていました。

このシザー式キーボードストロークは1mmだそうです。

確かに打ちやすくはなりましたが、私にはまだまだキーストロークが小さく打ちやすいというキーボードではありません。

MacbookPro13インチ2020のキーボード

 

 

2)Magicキーボード(iMac)

まず最初にご紹介するのは「iMac」に付属していたMagic キーボードです。

当時(iMacは2013年モデル)はキーボードの打ちやすさなど全く考えずに、単純にMacを使ってみたくてiMacを購入しました。

しかし、見た目の美しさからは想像できないほど「打ちやすい」のです。

キーのストロークは2mmほどはないと思いますが、十分なストロークがあります。

APPLE社 Magicキーボード

 

3)ThinkPad キーボード

次に、いつも持ち歩いているThinkPad T470sのキーボードです。

ThinkPadはIBM時代からキーの打ちやすいさを売りにしていて、販売がLenovo社に代わってからも、それを引き継いでいます。

キーのストロークは1.8mmという事ですので、考え抜かれたストロークになっているのでしょう。

柔らかすぎず硬すぎず、底尽き感の少ないやさしいタッチのキーボードです。

確かに数時間に及ぶ文字入力でも余り疲れを感じさせないので、とても満足しています。

一部のMacユーザーや他メーカーのPCを使われている方でもThinkPadの外付けキーボードをわざわざ買われるほどの信頼の高さでもあります。

ThikPad T470s

 

4)東プレ REALFORCE(R2A-JP4-BK)

最後になんだか真っ黒のキーボードが出てきましたが、これも悩みに悩んで買った外付けキーボードです。

キーボードのロールスロイスと聞いた事がありますが、ただのキーボードではない事はこのAmazonの商品名からも察する事ができます。

「東プレ REALFORCE A R2 日本語112キー 静電容量無接点方式 USBキーボード APC機能付き 荷重45g 昇華印刷(墨) かな表記なし ブラック R2A-JP4-BK」

東プレの「REALFORCE R2A-JP4-BK」という機種ですが、東プレのホームページで条件を選んでこの機種に行きつきました。

まず、「日本語112キー」であること、 「静電容量無接点方式」「荷重45g」「キートップが昇華印刷(墨)」「かな表記なし」であることなど、キーボードを選ぶにも多くの選択肢がある事が分かりました。

これを自作のWindowsPCに繋いでいて、自宅での作業はほとんどこのPCで行っています。当然ながら入力作業はこのキーボードで行っています。

キーの深さも選べるのですが、見た目の通り昔のキーボードスタイルなので、ストロークはスペーサーを何も入れなければ4mm、2mmと3mmのスペーサーが入っていて私は2mmのスペーサーを入れていますので、実質は2mm程度のストロークになっているのではないかと思います。

3mmのスペーサーを入れている時期もありましたが、あまり馴染まず2mmに戻しました。

加重45gを選びましたが、30gでも良かったかと思います。

 

しかし、キーを打っている間に「これは素晴らしい!」と感心するほど体感できるようなキーボードではありません。

疲れは非常に少ないし、腱鞘炎にもならなくなった、入力は若干しやすいかなという程度ですが、普通に使えている事自体が自分に合ったキーボードなのでしょう。

いまどき、ストロークの大きなキーボードは少なくなってきていますが、事務所で使うメインパソコンはこのキーボードを使っています。

当然1日程度打ちっぱなしでも特に問題はありません。

 

キーボードはほとんど濃いグレーですが、一応文字も印刷されています。

キーボードという使ってみないとわからない商品なので、しばらくお店で触らせて頂くのが一番のお試しになると思います。

しっかり納得のいくキーボードを探してください。

 

4、まとめ

結局は好みだと思います。

昔はデスクトップパソコンが主流で「東プレの(REALFORCE R2A-JP4-BK)」のような大きなキーボードが主流でしたが、だんだんとキー自体が薄くなり、ノートパソコンの小型化や薄型化に伴いキー自体もストロークも薄くなってきました。

しかし、入力するのは人間の手なので、自分自身が入力しやすいキーボードを選ぶのが一番だと思います。

そういう意味では私の場合、ThinkPadのキーボードが一番でしょうか。

その次に「東プレの(REALFORCE R2A-JP4-BK)」、そしてiMac、MacbookPro13と続きます。

しかし、入力できないほどの差があるわけではありません。

慣れもありますし上手に使い分けできればいいでしょう。

APPLE純正のシリコンケースは劣化が早い?!前のページ

超コンパクトなバーベキューコンロ次のページ

関連記事

  1. パソコン関係

    ThinkPad T470sの内臓電池交換

    ちょうど、このパソコンを使い始めて3年が経過しました。仕事で…

  2. パソコン関係

    Dropbox Plus プランがアップグレード

    最近、AmazonPrimeやGoogleSuiteの値上げがあった…

  3. パソコン関係

    USB−C端子に使用するHDMI・VGAアダプタ

    引き受けた講義で立派なプロジェクターが対応しているのが「VGA」のみ…

  4. Mac

    MacBook選びに悩む日々

    1,MacBookがより魅力的になったMacBookAirが…

  5. パソコン関係

    「Intel SSD 760p M.2 PCIEx4 256GB」を「ASUS H170-PRO」に…

    友人から「マザーボードに直接取り付けるSSDがあるんですよ」と、私に…

  6. パソコン関係

    HDMIケーブルの太さは信頼の現れ

    最近はパソコンをプロジェクターなどにつないだり、カメラを接続してWe…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    撮影動画の動き改善にグラフィックボードを更新(GEFORCE GTX1050Ti…
  2. カメラ、写真

    せっかく作った「クモの巣」ゴメン
  3. カメラ、写真

    鞄の中でカメラを保護してくれる「スリムフィットカメラジャケット」
  4. アクションカメラ

    GoproMAX画面保護はガラスにしてはいけない、フィルムにしろ
  5. 空の色

    自宅近くからの夕空
PAGE TOP