カメラ、写真

カメラにキズをつけたくない!対策

カメラって、いろんな所に置きますよね。

特に野外での撮影が多いし、野外という事は砂もあれば砂利もあり、気づけばカメラの底面やレンズフードは傷だらけという事になってしまいがちです。

今回はZ6を買ったばかりという事もあり、新品のうちに少しは対策をしておこうかとカメラキズ防止のための対策を行いましたのでご紹介します。

まず、レンズフードですが、撮影時と収納時ではフードの向きが異なり、カメラの下側になる面が違いました。

この写真の向きは、レンズフードを収納方向に装着した状態で傷がつかないようクッションシートを張り付けたものです。

この写真のように机に置いた状態でクッションシートが保護していることがわかります。

続いてレンズフードを撮影時の方向に装着した場合にもクッションシートを貼付けました。

こちらも写真の様にクッションシートがレンズフードを保護してくれています。

そして、最も肝心なカメラ本体です。

D800は底面の大部分がゴムシートで覆われていましたので、あまり気になりませんでしたが、Z6は本体のプラスチックと金属部分が丸見えです。

ここに傷が付いたら悲しいですね。

よく見て頂くとわかりますが、フチに黒いフェルトが貼ってあります。
これでキズ防止にしようと考えました。

机の上に置いた状態です。
上手く机上からカメラ本体を浮かせられている事がわかりますね。

あと、レンズフードを取り付けない状態も想定してレンズ本体に透明のソフトクッションを貼っています。

レンズ本体も机上に置いた時に浮いているのがわかります。

安くはない機種ですので、本来ならメーカー側で多少の配慮をしてほしいものです。今の所はカメラを置くのに躊躇する事なく撮影に専念できています。

「Intel SSD 760p M.2 PCIEx4 256GB」を「ASUS H170-PRO」に取付けしました。前のページ

iPhone5が膨らんでました。次のページ

関連記事

  1. カメラ、写真

    大雨時のカメラ防水対策

    カメラの防水対策について今まで、一眼レフはF50、D70、D…

  2. カメラ、写真

    NikonのAPS-Cカメラ Z50導入

    Z6を持っているのになぜ?と思われる方も多いと思います。個人…

  3. カメラ、写真

    Z50を包むきんちゃく保護袋

    Z50は手軽なミラーレス一眼なので、いつも持ち歩く事を想定しています…

  4. カメラ、写真

    デジタルカメラのモニター液晶を保護するクリアな保護ガラス

    デジタルカメラの背面のモニター液晶は、カメラを首から下げた時に胸の部…

  5. カメラ、写真

    NikonのXQDメモリカード

    今回NikonのZ6を購入するにあたって必要になったのは、今までにな…

  6. カメラ、写真

    Z50におすすめのグッズ(フード)

    Nikonのカメラをずっと使い続けてきましたが、レンズフードが付いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウトドア

    EPI SBランタンのメンテナンス
  2. Mac

    やっと買えたMacbook Pro 2020
  3. カメラ、写真

    NikonのAPS-Cカメラ Z50導入
  4. アウトドア

    やっと見つけた「SOTO マイクロトーチアクティブ(アーミーグリーン)」
  5. アクションカメラ

    Gopro hero10のガラス部分の保護
PAGE TOP